その他

【冥土の土産】

余命三ヶ月と宣告を受けた老人が、冥途の土産に……と、嫁に裸を見せてくれとせがむ。義父のデカチンに堕とされた嫁を描いた同人エロ漫画。はるはる堂作、カラー40P。

商品購入リンクはこちら

冥土の土産

ストーリー

余命三ヶ月と宣告を受けた義父に頼み込まれ、裸体を晒す嫁。

夢にまで見た嫁の裸体を目の前に、義父は久しぶりに勃起してチンポをしごいていた。

もはや諦めていた下半身に力が蘇り、死ぬ前に射精の快感を再び味わえると期待した義父。

しかし、無情にも射精の前にチンポは萎えてしまった。

目の前で見せつけられた義父のチンポは余りに大きく、嫁は思わず赤面する。

そして、射精できないことで落ち込む義父に同情した嫁は、何かできないかと義父のデカチンを咥えこむ。

あくまでも介護の一環として、義父の最後の望みをかなえてあげるための行為。

再び元気を取り戻した義父のデカチンを愛撫して、最後は素股で射精まで導いた。

義父を射精させた夜、妻は夫を求めて夫婦のセックスをした。

しかし、義父のチンポを見た後では夫の貧弱なチンポで満足できず……翌日、義父のチンポを下の口で咥えこんでいた。

受け入れた義父のチンポは余りに大きく、嫁の欲望の奥深くまで突き上げて、心の大事な部分を抉りとっていく。

味わったことのない快感、夫とのセックスでは得る事の出来ない最高の快楽。

余命僅かな義父への同情から始まった性介護は、いつの間にかメスの本能を満たすための営みへと変わっていく。

そうして妻は欲望の深みへと堕ちて行き、夫が出かけた後は自ら義父を求めてヨダレを垂れ流すのだった。

商品購入リンクはこちら

冥土の土産