その他

【凛とした最愛妻は、人知れず淫乱ら妻へと堕ちて】

今回紹介するのは、Animから発売されている「凛とした最愛妻は、人知れず淫乱ら妻へと堕ちて 〜他の男を受け挿れ拡げられた濡れ穴は、もう俺のモノでは埋められない〜」です。

本作はanimの寝取られゲー新作となり、ヒロインと出会う過去編の大学時代と現在編の2つで構成されている若妻寝取られアドベンチャーとなっています。
しかし、後述しますがやや冒険し過ぎ感のある問題点が1つあり低評価の目立つ作品となってしまいました。

あらすじ


まず本作の主人公となるのは平凡な社会人である「及川 裕和」。
メインヒロインとなるのがクールで頼りになる主人公の妻「及川 まどか」です。

主人公とヒロインは大学時代に知り合って恋仲となり、現在編では結婚しているというストーリーなのですが、本作は大学時代の行動によって現在編のストーリーが変わるシステムとなっています。


大学編では主人公とヒロインの出会いが描かれ、本作のメイン間男で主人公とまどかの先輩となる「牧野 翔吾」も登場。


大学編でも選択肢は多くあり、選択肢によっては牧野に狙われたまどかを助けることができず、


いつの間にか間男とヒロインが男女の関係になっているのを目撃してしまう、いい関係になったのに目の前で犯されてしまうというようなBSS系寝取られからの独り身エンドなども用意されています。

過去編でヒロインと結ばれた場合は現在編の結婚生活へパートに入ることになり、ここから本格的な寝取られストーリーが展開されていきます。

現在編では夜の営みはお互いに不慣れでありながら幸せな生活を送っていますが、大学編でも登場した牧野との再会によって物語が大きく動き出します。

母親の借金や仕事でのストレスなどですれ違いが生まれ、妻のアドバイスを聞き入れずに仕事を優先してしまうと寝取られルートへと突入。
(妻のアドバイスを聞き入れた場合のハッピーエンドも有り)


寝取られルートではまどかが主人公の上司でサブ間男でもある「松本 真也」に脅迫寝取られ→そこを助けてくれた牧野に本格的に寝取られていくことになってしまいます。
(ここでも選択肢によって牧野寝取られ回避含めて複数のエンディングへ分岐)


本作は「妻の浮気」がテーマとなっている印象で、上司との寝取られSEXでは身体は感じまくっていても心まで堕ちることはありません。

しかし、主人公とのすれ違いや浮気、危ないところを助けてくれた牧野といった経緯から入る牧野ルートでは圧倒的なSEXの快楽だけではなく、徐々に夫への愛が冷めて間男を愛するようになってしまいます。


浮気序盤からキスの受け入れや一緒に絶頂に加えてアへ顔を晒すケダモノのようなSEXに没頭するヒロインが見られます。

しかも間男制裁ルートでは母親の借金の原因や松本を裏で操っていたのが牧野だったといいう事が分かり、まどか視点ではいい人に見える牧野も寝取られ回避ルートでは最低男であることが判明するため、最初に牧野の正体を知っていればそんな男に騙されて寝取られていくまどかへの印象も変わっていくんじゃないかなと思います。


Hシチュとしては夫の出張中の浮気SEX、出張が終わっても浮気継続、ペンションで一日中、ラブホSEX、夫との温泉旅行中に間男の部屋で浮気SEX、夫への寝取られビデオレター、ボテ腹SEXなど。


ラブホや旅館での「浮気SEX」といったシチュがほとんどで夫よりも間男や快楽を優先しての浮気Hといったシチュが豊富にあります。

メインヒロインのまどかルートでは上記のような内容で過去作と比べても良作の部類に入ると思うのですが、本作の問題点として挙がっているのがサブヒロインとして使われている「富田 虹花」です。


彼女は大学時代に主人公に想いを寄せていた女の子で上述した大学編で寝取られた場合に虹花の告白を受け入れてサブヒロインと結ばれるルートが用意されています。
更にその場合は虹花との結婚生活編から虹花の寝取られルートへと突入するわけです。

しかし、サンプル画像やキャラ紹介でも書いてあるように彼女は「おっとりふくよか女子」ということでいわゆるおデブちゃんです。


正直個人的にも好みではなく、大抵の方はパッケージにもなっているメインヒロイン目当てで購入していると思うのですが、なぜか虹花ルートのボリュームも中々のもので寝取られHシーンも結構あります。
(シーン数まどか39、虹花12)

主人公の浮気相手となる「中居 絵美菜」というギャル系ヒロインも登場するのですが、彼女とは一夜限りの過ちといった感じでHシーンは2つのみとなっており、ぶっちゃけ虹花ではなく絵美菜を虹花ポジションにしておけば評価も変わってきたんじゃないかと思いますね。


寝取られとしては大学時代に単位が足りなくて教授と肉体関係を持っており、それが現在でも続いていて…といったようにストーリーは悪くなかったですがやはりビジュアルが中々の問題点でした。

 

まとめ

全体ボリュームはそこそこでエンディング分岐も多いのでコスパは良い方だと思います。

メインヒロインとサブヒロインのシーン数の割合も普通だとは思うのですが、虹花をサブヒロインとして決めたのはちょっと冒険し過ぎかなという印象しかありませんね…。

正直まどかのビジュアルはanim寝取られ作品で登場したメインヒロインの中でも断トツで好みだったので、個人的にはメインヒロインのみで作って欲しかったという思いが強いです。

寝取られシチュとしては「人妻の浮気」がメインで葛藤などはあるものの身体は即堕ちに近い内容となっています。

という事でサブヒロインが刺さる人にしか刺さらないというのが問題ですが、メインヒロインのまどかルートは人妻浮気モノとして過去作に負けず劣らず実用性の高い内容となっているのでお勧めできます。