その他

【蝶子】

舞台は京都、主人公は男子大学生の「佐藤 薫」。
彼には京都へ引っ越してきた時に知り合った、二つ年下の幼馴染「四方 蝶子(よもかた ちょうこ)」がいました。

 

蝶子は名家のお嬢様で、主人公と知り合った小学生時代は元気なやんちゃ娘。


当時は主人公を「おにぃ」と呼びながらその手を引いてあちこち走り回ったものですが、大学一年生ともなると「佐藤先輩」と呼び方を変えて、立ち振る舞いもお淑やかなものに変わっています。
そんな今の蝶子は男子学生から大人気で、同時に女子学生からは嫉妬ややっかみの対象に。

一方で、引っ越してきた当初は余所者として良くも悪くも注目されていた主人公は、この数年間ですっかり地味で平凡な青年へと変わっていました。

そうした格差が生まれた二人は、同じ大学に進学しても表向き殆ど接点がないように見えたのですが……実はある秘密の繋がりが存在。
蝶子には「露出狂の異常性欲者」という裏の顔があり、その秘密を主人公にだけ打ち明けていたのです。

 
そして裸にコート一枚といった格好で夜の河川敷に出かけ、主人公に彼氏のフリをしてもらいながら露出プレイを楽しむという変態行為を楽しんでいました。
ただし主人公とセックスするわけではなく、彼にはその露出プレイをスマホで撮影してもらうのが目的。

主人公は蝶子のこの危険な遊びを止めたいという気持ちもあるのですが、身分の違いや勇気の無さから彼女に何も言い出せず、ただの言いなり状態になっています。

そんな主人公を見かねてか、蝶子は彼の股間をさすりながら遠回しにホテルへと誘ってくれるのですが……そこで大学の知り合いが酔っ払いながら話しかけてきたために、露出プレイも誘惑も中断。

主人公は自分の部屋に帰り、行き場のない欲求不満を解消しようとオナニーし始めます。
すると、そこに蝶子からURLつきのメッセージが送られてきました。


怪しみながらも主人公がそのURLをクリックすると、そこにはマスクで口元を隠した蝶子の配信動画が!

そして蝶子はその動画の中で服を脱ぎ始め、カメラに向かってオナニー配信を開始!
動画は生放送らしく、視聴者のコメントに返事をする場面も見受けられました。

どうやら先ほどの河川敷での露出プレイが中途半端に終わった後、そのままどこかのネカフェに入ってオナニー配信を始めたようです。

蝶子の変態行為が周囲にバレないよう苦心してきた主人公は、こんな事をする蝶子にも、それを見ている視聴者たちにも苛立ちを覚えながらも、自分もまたそれをオカズにオナニー再開。

蝶子は配信の中で「襲ってほしかったのに臆病者が怖気づいた」と主人公をディスりながら、更にオナニーを激しくしていきます。


すると、同じネカフェの客らしき男性が蝶子の部屋に乱入してきて、「さっきから丸見えなんだよ」と怒りながら勃起しているモノで蝶子の顔を叩いてきました!

その展開に蝶子も主人公も驚き、慌てた主人公は蝶子のスマホに電話をかけますが、着信に気付いた蝶子は逆に乱入者にすり寄って自分からフェラチオ奉仕を始めてしまいます。
ここでもやはり主人公へのあてつけのように、いやらしいフェラ顔を生配信していく蝶子。

そして彼女は遂にカメラの前で生挿入まで許してしまい、後背位で激しく突かれながら男と同時絶頂!

さらにそこからすぐさま2回戦に突入し、様々な体位で交わりながら男に連続中出しされていきます。

その様子を主人公は「守りたかった幼馴染が……まるで悪夢のようだ」と思いつつも、彼女の犯される姿をオカズに何度も射精してしまうのでした。

 

蝶子II

 


中学時代の蝶子はクラスの人気者でしたが、時々スマホの着信を見てはどこかへ消えるという行動を繰り返していました。

クラスメートはそれを「きっと彼氏がいるんだ」「あの『おにぃ』が相手だよ」「身分違いの恋だね」などと噂して盛り上がります。

が、実際はお嬢様キャラを演じるストレスから作った「エッチな裏アカウント」に対する返信を確認したり、それをオカズに女子トイレでオナニーしていただけ……。

 
蝶子のストレスは、成長するにつれて主人公が自分と距離を取り始めた事も関係しており、裏垢でのエッチな自撮りはその当てつけでもありました。

彼女は自分の裏垢のURLを主人公に送り付け、顔だけ隠れたエッチな写真を彼に何度も見せつけていきます。

 
その際に学校の制服を写したり、主人公の前で着た私服で自撮りをしたりと、裏垢女子=蝶子であるというヒントをちりばめていく蝶子。
主人公は「まさか……」と思いつつもアカウントの観察を続けてしまいます。


そしてある日、蝶子は過激な衣装(童貞を殺すセーター)を着て主人公の家を訪問。

中学生離れしてエッチに育ってきた身体で主人公を誘惑し、それでも乗ってこない主人公を逆レイプするような形で押し倒します。

下着越しの素股で一回、手コキで二回射精させた後もさらに挑発を続け、今度は下着も脱いでナマの状態で素股を再開。


しかし主人公は腰を振りながらも決して挿入はしなかったため、結局ここでも蝶子の方から強引に挿入させて初セックス。

最後は両脚で主人公の腰をしっかりと抱き寄せて中出しも強制し、満足げな顔で帰っていくのでした。

 

蝶子III-悪友以上恋人未満の幼馴染が知らないところでヤリチンにハメられ性倫理を完全破壊されるまで-

 

1作目は大学編、2作目は中学編と来て、3作目は高校編です。

主人公と同じ高校に2年遅れで進学した蝶子。


彼とはあれから一度もセックスしておらず、また向こうが今まで以上にスキンシップを避けるようになってしまいます。

そんな主人公に対してなかなか素直になれないままの蝶子でしたが、それでも親の反対を押し切って主人公と同じ高校に進学するなど、新しい自分に変わろうと努力し始めていました。
あのエッチな裏アカウントも既に閉鎖済み。


ところが、クラス親睦会に参加した蝶子は、その後の二次会で先輩の男子に一服盛られて意識を失うと、そのままホテルに連れ込まれてレイプされてしまいます!

その男子は蝶子の裏垢を知っていて、それを脅迫材料に彼女をハメ撮り。
主人公に気付いてもらいたくて裏垢に身バレしやすい要素を入れていたのは蝶子自身。


事が事だけに、親に事情を話して助けてもらうのも難しく、蝶子はその先輩の言いなりになるしかありません。


それから、先輩の命令でパイパンにしてきたり、彼の部活仲間も呼んで全員にフェラやパイズリをさせられたり……と、男子達の共有物となっていくしかない蝶子。

その様子は先輩達のスマホで撮影されて、新たな裏垢に蝶子の恥ずかしい写真がどんどんアップロードされていきます。
そんな中で、何も知らない主人公が思い切って蝶子を水族館デートに誘ってきました。

それを知った先輩達は面白がり、あるゲームを持ち掛けます。
「そのデートでソイツを誘惑してセックスまで持ち込めたら、俺達はお前を解放してやる」

先輩達からそう言われ、蝶子はデート当日に露出度の高い私服で待ち合わせ場所に登場。

媚薬やローターまで仕込まれて発情状態にされている彼女は、主人公の一世一代の告白を遮ってエッチな誘惑を仕掛けます。

が、そんな蝶子の様子に主人公はため息をつき、それを見た蝶子もショックを受けてその場から逃走。

その後、結局いつものように先輩達に輪姦される事となった蝶子に、主人公から電話がかかってきます。

 
主人公と会話しながら先輩達に抱かれるという状況に蝶子は異常な興奮を覚え、彼女はとうとう変態として完全に覚醒。

そこからはもう先輩達に抵抗する事もなく、輪姦もハメ撮りも全て受け入れて、好きな人がいるのに別の男に抱かれる浮気セックスに没頭。

そして先輩達との関係は継続となり、主人公が大学受験に合格して今度こそ蝶子に告白しようとする頃には、性倫理の完全に壊れた露出狂となっていたのでした……。

 

まとめ

1作目は31p、2作目は33p、3作目は47pでの寝取られ漫画です。

時系列は2→3→1となっており、それぞれ中学編→高校編→大学編という内容ですね。

プレイは「露出」「ハメ撮り」「生配信」「裏垢」など自分から誰かにエッチを見せていくものばかりになっていますので、そういった要素が好きな方にお勧めしたいシリーズです。

またプレイの内容上、ヒロインはエッチシーンの大半でマスクを着用して顔の下半分を隠していますから、「マスク女子」に萌える人にもうってつけの作品でしょう。

ストーリー的には「両想いの二人なのに、どちらも素直に慣れなくて歪んだ関係に堕ちていく」といった展開が好きな人も楽しめると思います。