その他

【寝取られ性癖をこじらせて】

今回紹介するのは、同人サークルさしみ定食から販売されている「寝取られ性癖をこじらせて」です。

本作は主人公が寝取られ性癖持ちで、自分から妻を元カレに抱かせるといった内容になります。

 

あらすじ

主人公の「ヒロ」は重度の寝取られ性癖の持ち主です。
そのせいで、妻である「千尋」とのセックス中ですら寝取られの事ばかり考えてしまいます。

そんなヒロは思い切って自分の性癖を告白し、千尋は戸惑いつつもそんなヒロを受け入れてくれます。
そして「キスはしない」「アブノーマルなプレイはしない」「避妊は絶対」という3つのルールを付けてから、不安と興奮の中で千尋を元カレである「修」の元へと送り出しました。


修の元から帰ってきた千尋は、今日の出来事を報告をします。
千尋は修と親しく話した後、その雰囲気のまま手コキとバキュームフェラをして、最後にはゴムありでセックスをしたらしいです。

嫉妬で狂いそうだと話しながらも嬉しそうなヒロに対して、千尋は心の中で謝罪します。
実は千尋の報告は嘘であり、実際は快楽に溺れた千尋はもっと激しいプレイをしていて最後にはゴムなしでセックスしていたのでした。


貸し出しの2回目、今回は2人のセックスを千尋に録画して貰っていたので、ヒロはそれを鑑賞します。

千尋はとても親しげに修とキスをしていて、それを見たヒロは動揺しながらも激しく勃起します。
そんなヒロを見た千尋は、言葉攻めを交えつつも足コキやパイズリで優しく性処理をしてくれます。

悔しがりながら寝静まったヒロに対して、千尋はまた心の中で謝ります。
実は千尋は撮影を始める前から修と激しくセックスをしていたのでした。

貸し出しの3回目、ヒロは「妊娠だけは耐えられない」という旨を千尋に伝え、千尋はそれを優しく受け入れます。

安心したヒロはやっぱり中出しされてきて欲しいと千尋に頼み、千尋は呆れながらも受け入れてくれます。

この作品はこういう所で寝取られという性癖の業の深さも描いていてそこがちょっと笑えます。

そして、ヒロは盗撮カメラを通じて千尋と修のセックスを鑑賞し、自分には見せなかったドMの本性をさらけ出す千尋を眺めながら絶望と快楽に包まれ射精します。

更にエスカレートしていくヒロは、修を家に招き入れ3人で共同生活を送る事にします。
千尋は罪悪感に包まれながらも1日中修とのセックスに溺れ続けます。

修もまたエスカレートしていき、結婚指輪を外させてヒロに自分達のセックスを見せつけるなどをします。

調教の果てに千尋の体は修の事をご主人様と認識し、中出しされながら絶頂し続けます。

しかし行為が終わった後、千尋はそれでもヒロの事だけを考えており、修に愛を囁かれてもその心まで靡く事はありませんでした。

翌日、修は2人の愛を認めてしょうがなく千尋の元を去ります。

千尋はヒロへと抱き着きつつ、自分の心はヒロのものである事を改めて伝えます。

それを聞いたヒロは「もしそんな千尋が本気の不倫をしたら…」と考えてしまうというのがオチです。

 

まとめ

基本CG28枚、本文274枚とボリュームは十分です。

寝取られモノだけれど胸が痛くなり過ぎないないというのが寝取らせモノの良さであり、この作品はそこをとてもよく抑えていると思います。

妻が理性崩壊して浮気エッチを楽しんでしまうという寝取られモノの基本は抑えつつも、寝取り役がそこまで嫌な奴じゃなかったり(というかむしろ主人公の方がおかしかったり)、妻が最後まで主人公を愛してくれたりなど、過剰に暗い雰囲気にはならないように配慮された作品という印象でした。

寝取られモノが好きな方は勿論、寝取られに興味はあるけれどあまり胸が痛い話は読みたくないという人にもお勧めできると思います。