その他

【オレの巨乳彼女が、ヤリチンとお風呂に入ることにNTR】

今回紹介するのは、同人サークル赤本から販売されている「オレの巨乳彼女が、ヤリチンとお風呂に入ることにNTR1&2」です。

本作は、「四郎」という浪人生彼氏がいる女子大生「広田ユイナ」が、彼の友人である「イク男」というヤリチンに女友達の「美鈴」ともどもお風呂に連れ込まれて……というNTR漫画です。

 

1 あらすじ

女子大生「ユイナ」は、大学受験に失敗して激しく落ち込んでいた「四郎」にせがまれて彼女になり、エッチもしてあげた女の子。

 
今回はその四郎の家で、女友達の「美鈴」と一緒に家庭教師をしてあげるはずだったのですが、彼の家には四郎の友人だという「イク男」がいました。

 
そして四郎がお腹の不調でトイレに閉じこもると、イク男は早速美鈴をベッドに押し倒してキス。

 
美鈴の方もイク男を一目見て「イケメンだね!」とご機嫌になっており、二人は四郎が帰ってくる前に二人でお風呂場に消えてしまいます。


そのスピード展開に呆気にとられたユイナは、からかわれているのかと思って二人の様子を見に自分も浴室へ。

 
するとそこでは二人が本当にエッチを始めていて、イク男は「四郎にバレるからさっさと中に入って戸を締めろ!」と説教。

その勢いに飲まれたユイナはつい彼の言うとおりにしてしまい……結局彼女も裸になってイク男とお風呂に入る事に。

まずはユイナがイク男に身体を洗われて、巨乳を弄られたり素股されたりする内に快感を覚えてしまいます。

その後は美鈴と一緒になってイク男に手コキしてあげて、最後は美鈴が足コキ、ユイナがフェラをして終了。

四郎が長いトイレから戻ってくる頃には3人ともテーブルで勉強の態勢を整えていましたが、「なんだか3人とも顔が火照ってない?」という四郎の指摘にドキッとしてしまう3人といったオチです。

 

2 あらすじ

1作目の続きではなく、1作目と同じ導入から「お風呂場で本格的にヤリまくった場合の話」といった感じの内容になっています。

 

浴室内側のドアノブが壊れてしまっていて、自力で脱出できなくなってしまったユイナ・美鈴・イク男の3人。


しかしイク男は「後で四郎に開けてもらえばいいじゃん」とのんきに構えていて、美鈴もそんな彼とのセックスに夢中です。

ユイナが壁の方を向いてそれを見ないようにしている間に、二人は湯船に入りながらの後背位セックスで激しく絶頂。
そして事が済むとユイナにもお湯をかけて裸にさせようとしてきました。

四郎とは出会ったその日にセックスしていて、それを後悔しているユイナは「軽い女と思われたくない」と思い、四郎が気付いてくれるまで待つ態勢。

しかし、美鈴は昔からユイナのそういう良い子ぶった所が気に食わなかったらしく、ユイナもまた美鈴に突っかかられてキレ気味になり、ギスギスした雰囲気に。

そこでようやく四郎が浴室の異変に気付いてくれたものの、今度はイク男が「激弱メンタルの四郎にこんな所を見せてもいいの?」とユイナを脅します。

それを言われて声を出せなくなったユイナは、ドア一枚隔てた距離でイク男にその巨乳を好き放題弄り回されるはめに。

そして乳首だけでイカされてしまうと、そこからはスイッチが入ってしまってイク男とキスや中出しセックスに発展。

美鈴が機転を利かせて「ユイナと二人でシャワーを浴びてるから! イク男はコンビニ!」と四郎に伝えて時間稼ぎをし、その間に3人で湯船でイチャイチャしたり、交代交代に後背位で突かれまくったりしていきます。

ユイナは時々正気に戻ってイク男に反抗的な目を向けるものの、愛撫や挿入が再開されるとまた逆らえない状態に。

そうして美鈴と二人で何発分も相手をしてもらい、最後は1作目ラストのようにユイカの方からフェラをして終了。

隙を見て四郎に気付かれぬようリビングに戻り、何食わぬ顔で勉強会に移っていきます。

……が、後日ユイカはイク男の家を一人で訪問。
実は四郎の家のお風呂場には、イク男が仕掛けた盗撮カメラが存在していて、あの時の動画データをネタにユイカを脅迫してきたのです。

「この1回で最後だから」とニヤニヤしながら言ってくるイク男と、データを取りに来ただけでそもそもヤる気はないと突っぱねるユイカ。

しかし結局ここでもユイカはイク男とエッチしてしまって、彼の事は大嫌いなのに「セックスだけは気持ちいい」と本心を無理やり口にさせられてしまうのでした。

 

まとめ

1作目は22p、2作目は106pとボリュームにかなり差がありますが、1作目はその分お値段も控えめなのでコスパはまずまずです。

2作目は1作目のエッチシーンを大きく膨らませたもので、しかもフルカラー。
冒頭に簡単なあらすじもありますので、2作目から読み始めてみるというのがお勧めですね。

エッチシーンの傾向としては巨乳・全裸・後背位といった感じで、とにかくバックから責めるシーンが多いです。
というか挿入シーンはほとんどが立ちバックでした。

なのでバック好きには勿論の事、他人の彼女を後ろからガンガン責めて征服していくような、そんなシチュエーションが好きな人にもお勧めな作品だと思います。