その他

【示取愛菜~寝取られるために育ったカラダ~】

今回紹介するのは、同人サークルさっくりハイから販売されている「示取愛菜~寝取られるために育ったカラダ~」です。

本作は特殊な家庭で育った彼氏持ちのJKがおじさんに堕とされてしまうという寝取られモノになります。

 

あらすじ


「示取愛菜」はどこにでもいる普通の女学生で、付き合っている大学生の年上彼氏と結婚し、普通の幸せな生活を送るものだと考えていました。

優しく自分を大事にしてくれる彼氏とのデートもセックスも満足していましたが、あるおじさんと出会ったことでそれが一転します。

愛菜の家には「自分に誠実であること」「彼氏を作って尽くすこと」「主人には忠誠を尽くすこと」という3つの教えがあり、主人であるおじさんの命令に必ず従わなければなりません。
そして金曜日、彼氏である「お兄さん」とデートしてHもした後で愛菜はおじさんがいるマンションへ向かいます。


ピアスを付け、マイクロビキニを着て、パンツ姿のおじさんと挨拶のハグをします。
エッチなことをされると思った愛菜ですが、おじさんは手を出してくることはなく、その日は学校や彼氏の話をして終わるのでした。

翌週、愛菜はまたおじさんのマンションに呼ばれました。
おじさんは紳士的に愛菜に接してくるのもあり、愛菜は好意的に思うようになります。

しかし、その日は話をする最中に服を脱がせてくるおじさんに戸惑いを隠せませんでした。
彼氏のこともあり、拒否しようとするもののおじさんの命令は絶対ということもあり、混乱してしまいます。

命令という理由もあり、結局愛菜は素直におじさんに従い、服を脱がされて身体を褒めてくれるおじさんに彼氏との違いを感じ始めます。

おじさんは身体に触れつつもまだ割り切れていない愛菜に「彼氏にも悪いし、もう帰っていいよ」と素っ気なく言ってきます。

見捨てられることを恐れる愛菜は2つ目の教え「彼氏にもしっかり尽くす」からと言い訳をしておじさんと一緒にいることを選択します。

彼氏とは違うスケベなキスで出来上がった愛菜は、大好きな彼氏の事を想って罪悪感を覚えます。
が、彼よりも大きなおじさんのモノを見ただけで即堕ち、言い訳をすることを止めておじさんのモノをしゃぶり始めるのでした。

愛菜は本物の雄チンポを挿入してもらうためにおじさんに媚び始め、それに応えるようにおじさんはゴム装着で挿入。
彼氏では絶対に届かない部分も突かれ、獣のような喘ぎ声をあげて絶頂します。

愛菜は1回出してもまだ萎えないモノを見て「ゴム無しでしたいかも」とおじさんを誘惑。
これまでの彼氏とのセックスを忘れ、おじさんとの生ハメSEXで中出しまでされてしまいます。

事後、おじさんは愛菜と彼氏との関係を心配しますが、愛菜は「おじさんに捨てられないため」に彼氏への好意を口にしながらおじさんのモノへしゃぶりつくというオチです。

 

まとめ

本編はフルカラーで40p、オマケとして商業誌でも活躍するドラチェフによる3pのアフターストーリーと原作となるモノクロの漫画も収録されています。

本作は彼氏を愛しながらも家の教えから主人であるおじさんに尽くすという少し特殊な寝取られモノです。

ただ、悲壮感などはなく、ヒロインが性欲のために媚び媚びになる即堕ち系のお話になっています。

おじさんの方もヒロインに対する言葉責めが多く、租チンの彼氏を罵りながら巨根のおじさんと浮気SEXにハマるヒロインといったシチュエーションが好みであればお勧めできます。