その他

【寝取られた爆乳清楚妻ひとみ ―甥っ子にトロトロに溶かされました―】

今回紹介するのは、同人サークル ゴールデンバズーカ から販売されている「寝取られた爆乳清楚妻ひとみ ―甥っ子にトロトロに溶かされました―」です。

本作は、夫婦生活が冷え切ってしまった爆乳人妻ヒロインが、夫が連れてきた居候の甥っ子に手を出されて、その年下の親戚の子との不倫セックスに溺れていってしまう人妻NTR漫画になります。

 

あらすじ


ヒロインは結婚3年目の専業主婦「藤野仁美」。
夫とは両親の紹介で知り合って結婚しましたが、最近はほとんど会話も無くなっていて、当然ながら夜の生活もあまりありません。

親からは孫の顔が見たいと急かされてもいて尚更困ってしまう仁美。


そんな彼女は仕事に向かう夫を見送ると、遅れて起きてきた甥っ子の「勝」に朝の挨拶。

勝は夫が先日「進学のための下宿先が見つかるまでウチに泊めてあげよう」と連れてきた親戚の男の子です。

髪を染めていてチャラい感じはあるものの、勝のおかげで家の雰囲気も少し明るくなって助かっていた仁美なのですが……。

勝から「叔父さんと仁美さんが一緒に食べてるところ見た事ないけど、もしかしてヒエヒエ状態なの?」と問われてギクシャクしてしまう仁美。
すると勝はニヤリと笑い、「気晴らしにネットで見たマッサージをしてあげるよ」と仁美にすり寄ってきます。


仁美は迫られるままにそれを許してしまい……30分後、マッサージとは名ばかりのエッチな愛撫を受けて濡れ濡れにされていました。
裸にされた巨乳を弄ばれ、さらにアソコも指で弄られて絶頂。

男性にイカされたのは初めての経験で、その相手が甥っ子だという背徳感に震える仁美。


そしてゴムを着けての挿入まで許してしまって、ご無沙汰だった彼女は勝にされるがまま、ゴムを幾つも消費する連続セックスでイカされまくるのでした。

後日、仁美は勝の同居について夫に相談しようとするものの、夫は仕事を理由にさっさと出勤してしまって結局なにも話せずに終わります。
そして夫が家を空けると、すぐに勝が仁美に抱き着いてきました。

そのまま玄関で仁美の熟れた身体を愛撫しながら挿入し、立ちバックでまた仁美をイカせてきます。

それからも夫の出勤後は勝とセックスするのが習慣化してしまい、夫にはした事のないバキュームフェラや精飲も仕込まれていく仁美。

勝は快楽だけでなく、彼女の身体をエロいと言ってくれたり「好きだよ」と囁いてくれたりして、寂しい心を満たしてくれます。

彼の言葉は都合のいい嘘だと感じながらも、仁美はそれに心地よさを感じて流され続けてしまいました。

そんなある日、夫から「勝の下宿先が決まりそうだ」と告げられてドキッとしてしまう仁美。

色々な思いと共に、これで元の生活に戻れるという安心感もあって、それを確かめるように仁美は久し振りに夫を誘ってみます。

夫もそれに応えて久々の夫婦の営みが行われるのですが、勝に比べると淡白すぎるそれに仁美は満足できません。

さらに今度の結婚記念日の話をしても「その日は仕事が忙しくてな」と言われてしまい、気持ちが冷めていく仁美。

一方、甥っ子の勝から「結婚記念日でしょ、俺その前にここ出ていくだろうから」とプレゼントを渡された仁美は、それに思わずときめいてしまいました。

そのプレゼントの中身はエッチなマイクロビキニだったわけですが、仁美は恥ずかしがりながらもそれを着て勝に抱かれます。


キスや淫語、おねだり、そして生セックスなどを一気に解禁して不倫中出しセックスに燃え上がる仁美。
途中で夫から電話がかかってきて「記念日は悪かったな」と謝罪してくるものの、それを適当にやり過ごしながら「勝くんをもう少し住まわせてあげたい」と交渉します。

その後、仁美は勝とのエッチを「ラブラブ生ハメ性生活」と称して動画配信するのを許可。

 
体操服にブルマというコスプレ姿でローションパイズリするなどのマニアックなプレイも披露しつつ、エロ動画配信で視聴者から支援金を貰う生活を送ります。

寝ている夫のすぐ横で配信エッチした事もあるようで、その日は妊娠報告を受けて喜んでいた夫に仁美がお酒を飲ませまくり、意図的に酔い潰させたそうです。

そんな清楚さなどとっくに失ってしまった仁美は、毎度恒例となっているバックで突かれながらの土下座セックスを今日も視聴者に披露。

「私はもう勝くんの生オナホです」「お腹の子は間違いなく勝くんの子です」
そんな事を口にしながら夫や視聴者に土下座謝罪しつつイキまくってみせるのでした。

 

まとめ

本編は42pですが、導入の序盤数ページ以外はほとんど全てエッチシーンなので実用性は高いです。

ヒロインは押しに弱い性格をしている上に欲求不満なのもあって、トントン拍子で間男のものへと堕とされていきます。

巨乳人妻×巨根学生という王道シチュで、プレイも終盤のコスプレがややマニアックなくらいで全体的にはノーマルなものが多いです。

シンプルに実用性特化の内容なので、人妻NTRモノが好きでこのタイトルと表紙に惹かれた方ならば楽しめる作品になっていると思います。