その他

【僕が先に好きだった図書委員のあの子が先輩にセックスの味を教え込まれる話】

今回紹介するのは、同人サークル 武岡鋼線 から販売されている「僕が先に好きだった図書委員のあの子が先輩にセックスの味を教え込まれる話」です。

本作は、主人公が片想いしている図書委員の内気JK「鈴田みあ」が、知らぬ間に先輩の柔道部男子に手を出されてしまうというBSS系NTR漫画となっています。

あらすじ


主人公は図書委員をしている男子高校生(名前無し)。
ヒロインは、彼と同じく図書委員をしているJK「鈴田みあ」。

みあは内気な性格で友達もおらず、休み時間は一人で本を読んでいるような女の子でした。

しかし、主人公はそんなみあに好意を抱いていて、常日頃から「俺だけは彼女の魅力を知っている」と思っています。

現在は同じ図書委員という立場を活かして、重い荷物を代わりに持ってあげるなどしながらポツポツと会話する程度の仲。


主人公としてはそうして地道に好感度を上げていき、やがてはみあの恋人になって彼女とセックスしたいと考えています。

それと同時に「どうせライバルなんていないんだから」と時間をかけてじっくりいこうという考えも。


ところが、そんなみあに上級生男子の「柔道部」が目をつけてしまいます。
柔道部には既に恋人がいるのですが、遠距離恋愛中なためほとんどセックスできず欲求不満な状態。

誰かちょうどいいセフレを作れないかと冗談交じりに思っていたところ、彼の目の前を通り過ぎたのがみあでした。
清楚な雰囲気を持ちながらも胸元を見るとかなりの巨乳であるみあ。

歩くだけでゆさゆさ揺れる彼女の胸を眺める柔道部。
そして翌日、二人はどちらも前方不注意な状態で歩いていたところを衝突。

体の小さいみあの方は転んでひざをすりむいてしまいます。
ぶつかった相手が昨日の巨乳の子だと気付いた柔道部は、「部室に絆創膏があるから貼っておいた方が良いよ」とみあを部室に連れ込むのでした。

絆創膏を出してあげながら、みあが好きそうな本の話題でコミュニケーションを図る柔道部。
みあが今読んでいたのは恋愛小説で、彼女は恋愛未経験なのがコンプレックスなのだという事を聞きだす事に成功します。


そんな会話の中で柔道部は「俺も実は『勃起できない』って深刻な悩みがあるんだよね」と打ち明けました。

それは勿論ウソなのですが、そこから言葉巧みに話を進め、みあにED治療を手伝ってもらえる流れに持っていきます。

「先輩の悩みを解決するため」という大義名分の下、みあもズボンの上から恐る恐る柔道部の股間を触っていきます。

するとそれだけで簡単に勃起させられたのですが、柔道部に「このまま射精したい」と言われながら抱きしめられて焦るみあ。


柔道部の手が強引にスカートの内側に伸びてきて、彼女も実は興奮で少し濡れていたのがバレてしまいます。
そして乳首やクリトリスを弄られながら、そのまま手マンで絶頂。

その後に制服をはだけられてブラも外され、巨乳をさらけ出しながら再び手マン。

今度はアソコの内側も弄られまくり、みあは心も身体も完全にエッチなスイッチが入ってしまいました。

そして柔道部はそのままみあを押し倒し、正常位で彼女の処女を奪います。

みあは「やめて! とまって!」と柔道部を制止しますが、彼の方は逆にみあの具合の良さにどんどん興奮。


途中からは後背位でみあのアソコを突きまくり、みあも遂に初めてのセックスで中イキするほど感じてしまいます。
柔道部も容赦なくみあの子宮に中出し。

二人とも激しいセックスを終えて一息つきますが、絶頂の余韻に揺れるみあのお尻を見た柔道部は、また興奮してしまってすぐさま二回戦をスタート。
部室に再びみあの喘ぎ声が響いていくのでした。

それから数日後、主人公はいつものように図書委員としてみあの仕事を手伝います。

みあも笑顔でお礼を言ってくれますが、そこに柔道部が現れて「俺が運んであげるよ」と主人公は出番を掻っ攫われてしまいました。

主人公は、みあが柔道部のような先輩と知り合いだった事を意外に思うものの、特に追及はせず別の仕事へ。

一方、柔道部から「放課後にまた部室に来てくれる?」と誘われるみあ。

少し躊躇したのかすぐに返事が出来ない彼女でしたが、最後は「はい」と答え、また柔道部と部室で激しいセックスに興じてしまうのでした。

 

まとめ

フルカラー47pで1100円(販売開始から24日間は990円)と価格に対してボリュームは少し物足りない印象です。

BSS系で主人公バレもしないお話になっていますので、「主人公の知らぬ間にどんどんセックスを覚えていく子」みたいなシチュが好きな人にお勧めだと思います。

また本番が始まってからの寝取り男のピストン責めがとにかく激しいのも特徴です。
女の子をガンガン突きまくってイカせるエッチが好きな人にもお勧めです。