他人になるクスリ

宣伝

あらすじ

「私 本当は相沢昌也なの――」

クラスメイトの美少女・三浦瑞希がした突然の告白に動揺する水口。

相沢…アイツは確か1カ月前に死んだはず…。

少女は、自身と‘同じ側の人間’だと指摘する水口に対し、ある薬を勧める。

それは「他人になるクスリ」だった…。

美少女の身体、さらには精神をも乗っ取った男が、倒錯した日々を独白していく。

 

コメント